So-net無料ブログ作成

スーパームーン 2016年11月14日 時間と天気 地震との関係はデマ?


2016年11月14日、月が今年1番地球に近づいて大きく見える、

スーパームーンになります。


スーパームーンとは、

満月、または新月時に、地球に最接近し最大に見えることです。


【スポンサーリンク】






地球から月までの距離は、楕円軌道のため、

約35万7000kmから40万6000kmまで変化します。


今回の地球と月との距離は、

14日の20時21分最短35万6509Km

14日22時52分に満月となり、距離は35万6520Kmとなります。


スーパームーンとしては、1948年1月に次ぐ近さとのこと。


月が最接近する前後1時間以内に満月または新月を迎えることを

エクストリーム・スーパームーン、

または、エクストラ・スーパームーン

と呼ばれることもありますが、

今回は2時間半ほどずれるため、これには該当しません。


次に、スーパームーンで、地球と月が今回より近づくのは、

18年後の2034年11月26日とのことです。


観測や計算がすごいですね!



気になる天気は?


せっかくの貴重なスーパームーンですが、残念ながら、

11月14日の夜は、全国的に雨や曇りの予報となっています。


スーパームーンが見られるのは、

沖縄や北海道の一部の地域のみになってしまいそうです。


2016-11-14天気.png


YouTubeのweather newsチャンネルでは、

ライブストリームでスーパームーン特別番組が放送されるので、

ぜひチェックしてみてください。


スーパームーン特別番組



【スポンサーリンク】






スーパームーンと地震の関係


スーパームーンの前後1〜2週間に大地震が起きているため、

何か関係性があるのではと憶測されています。


月が近づけば近づくほど月の引力は強くなります。

地震が起こるほどの強い力ではないとのことですが、

その影響で地震が起きやすくなっているのかもしれません。


過去のデータによると、

スーパームーンに限らず、満月や新月時の潮汐力の強い時期には、

巨大地震の発生確率が高くなっているそうです。


2011年3月11日の東日本大震災後、

2011年3月19日にもスーパームーンとなっていました。


スーパームーンと地震の関係性を証明することはできていません。

が、デマとも言い切れないようです。


スーパームーンと地震との関係は分かりませんが、

改めて防災対策について考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。


月と地球の関係や引力、宇宙の不思議に考えさせられますね。



【追記】
日本時間13日20時頃、

ニュージーランドでマグニチュード7.8の地震が発生しました。


【スポンサーリンク】




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。